ビタミンやミネラルでアトピー対策!~健康になる成分を知ろう~

シニア男性

食事の見直しが大切

頬に手をあてる人

肌のかゆみや湿疹を引き起こすアトピー性皮膚炎は、主に子供の頃に診断されます。しかし、最近では免疫バランの乱れや体内の酸化といった原因から、大人でもアトピー性皮膚炎を発症する人が増えています。アトピー性皮膚炎はアレルギー体質や遺伝、生活環境とも強く影響しています。ダニやカビ、ハウスダストなどでアトピー性皮膚炎になることもあるのです。アトピー対策はきちんと施しましょう。アトピー対策に最も適しているのは、生活環境を整え、免疫力を高めることです。食事からビタミンA・B郡・C・D、亜鉛などを摂取しましょう。また、食事から補うのが難しい場合はサプリメントでビタミンやミネラルを補うと適切です。ちなみに、食物繊維や乳酸菌などを積極的に摂取して、腸内環境を整えることもアトピー対策には適しています。食品添加物には注意しましょう。

幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンは、感情をコントロールする上で最も大切な成分です。セロトニンが減るとイライラや不安、恐怖などといった負の感情を抑えることができません。そのため、セロトニンが減少している人はうつ病になりやすいといわれているのです。セロトニンを増やしたい人は、トリプトファンやビタミンB6を積極的に摂取しましょう。また、セロトニンは食べる動作から増やすこともできます。とはいえ、コレステロール値が高いとさまざまな病気を発症する可能性があるため注意しましょう。血中に増えすぎてしまったコレステロールは、善玉コレステロールを摂取して減少させる必要があります。善玉コレステロールの食事や、コレステロール値を下げる食事を心掛けましょう。

幸せホルモンの効果

シニア男女

セロトニンは脳の不安や怒り、恐怖といったストレスを抑える効果があります。そのため、セロトニンはうつ病の抑制効果もあるのです。セロトニンを増やすには日光を浴びたり、トリプトファンやビタミンB6を摂取すると適切です。

詳細を読む

乳酸菌はバランスよく摂る

錠剤

乳酸菌は腸に良いということで有名ですが、乳酸菌にはいくつかの種類があります。全ての乳酸菌をバランスよく摂取することが大切です。乳酸菌の種類や効果のある腸などを把握して、バランスよく摂取しましょう。

詳細を読む

コレステロールを調整する

サプリメント

コレステロールは必ずしも体に悪影響を及ぼすとは限りません。むしろ、筋肉や細胞膜を作る働きがあるため健康を維持するには欠かせない成分だといえます。とはいえ、増えすぎると危険のためコレステロールの質に注意しましょう。

詳細を読む

Copyright© 2016 ビタミンやミネラルでアトピー対策!~健康になる成分を知ろう~ All Rights Reserved.